仙台牛

仙台牛銘柄推進委員会の取り組み

取り組み一覧 > 「仙台牛消費者交流会 in 川崎」を開催しました!

活動一覧「仙台牛消費者交流会 in 川崎」を開催しました!

7月28日(日)、仙台牛消費者交流会を川崎町で開催しました。このイベントは全国屈指の銘柄牛である「仙台牛」の味や歴史、取り組みなどを知ってもらい、さらなる認知度の向上を目的として毎年、開催しています。今年も抽選で選ばれた15組49名の方を招待し、川崎町にあるJAファーム川崎肥育センターの見学、エコキャンプみちのくでの仙台牛BBQを実施しました。
JAファーム川崎肥育センターでは仙南畜産事業所の長山所長より、仙台牛ができるまでの育て方や農場などについて説明していただきました。将来、仙台牛になる可能性のある牛たちに興味津々の様子でした。

その後、エコキャンプみちのくに移動し、待ちに待った仙台牛BBQ!!天候も心配されましたが、快晴の中、仙台牛銘柄推進協議会参与 全農みやぎ 佐藤 龍悦副本部長の乾杯の挨拶でBBQがスタート。

仙台牛に加えて、宮城県の銘柄豚である「宮城野豚」や宮城県産パプリカ、たまねぎ、キャベツ、なす、昨年10月にデビューした「だて正夢」と栄養価が通常の玄米の3倍である「金のいぶき」のおにぎりなど宮城県産の農畜産物が並びました。食材が配布されるとバーベキュー台の周辺にはお肉や野菜の香ばしい香りが!!参加者の方々は宮城県産食材の味を堪能している様子で会場は笑顔にあふれていました。

交流会の中盤には担い手グループ「仙台牛レボリューションズ」の方々から仙台牛のおすすめの食べ方などの紹介に加え、先日行われた仙台牛枝肉共進会でチャンピオンに輝いた枝肉のサーロインがプレゼントされ、参加者からは歓声があがりました!!豪華景品が当たるクイズ大会も盛り上がり、仙台牛をより知ってもらうことができた1日となりました。

<<取り組み一覧へ戻る

ページの上部へ戻る